〇〇を変えれば姿勢が変わる!

正しい姿勢をつくるうえで一番重視していただきたい事は、実はとてもシンプルです。頭を上げて、まっすぐ前方を見るようにすることです。ズバリ、視線です!というのも、視線の位置が首の角度に影響するからです。

下を見ていると自然に頭が前に出て屈曲してしまいます。「前を見る」という基本的なルールが徹底されれば、すべての姿勢や動作に相乗効果が生まれ、良い変化がもたらされます。

道を歩く時には頭を上げて遠くを見るようにしてください。最近はスマホをいじりながらうつむき加減に歩く人を本当に沢山見かけますが、非常に良く無い習慣です。人や物にぶつかる危険があるというだけでなく、姿勢をさらに屈曲させる原因になるからです。

とにかく、まっすぐ前を見ること!

いざやってみると、自分がいかに近い距離しか視線を向けていないか、痛感すると思います。十数センチメートル先のスマホの画面から、5メートル先、10メートル先、50メートル先、100メートル先…。視線を前に向けるように常に心がけることで、姿勢に大きなメリットがもたらされます。

特別な時間を設けなくても、生活の中でできるこのトレーニングを、まずは3週間意識して続けてみてください。習慣になればしめたもの。正しい姿勢が身につき、身体の安定性が高まりますよ。

「歩くときは100m先に視線を!」を合言葉に視線から姿勢を変えていきましょう!!

それでは今日はこの辺で。