重力を制する者は健康を制す!

今日の健康トピックは「重力を制する者は健康を制す」です。

日々、重力を意識して生活していますか?空気と同じように目に見えない重量を意識して生活してる人はなかなかいないですよね。でも、地球上にいる限り必ず働いている法則が「重力」です。

この重力がどのように健康に関わっているか?何となく想像できるのではないでしょうか。そう、良い姿勢や身体の正しい使い方などテレビでも度々放送されますが、すべて重力に対して身体をどのように使っているか?という事です。

身体に無理な負荷が少ない姿勢、使い方であることが不調を作り出さないポイントです。言い換えれば、重力と上手にお付き合いできる身体ということです。

この方は重力と上手にお付き合いしているなぁ、と感じたのは元陸上選手の為末さん。浜川運動公園でのイベントでお会いしたのですが、佇まいが凛として美しい!!自然体で力みのない身体というのでしょうか。あとはイチロー選手や武術の達人にも共通したものを感じますね。

では不調をつくらない姿勢や身体の使い方で重要な事は何でしょう?

座っている時間が長い、立っている時間が長い、それぞれ半分くらいの割合、とライフスタイルにより人それぞれ。では、重力が身体に最も影響する部分はどこでしょうか?答えは足(足裏)骨盤です。

立って活動が多い方は足(足裏)、座る時間が長い方は骨盤の状態に影響していきます。足の歪み(扁平足、足指の歪みなど)は身体全体も歪ませてしまいますし、骨盤の歪みも同様です。

身体に無理な負担がかからないようにする為に足、骨盤をしっかりと整えていきましょう!足指を広げたり、反ったりする体操や骨盤を丸めたり、反ったりする体操がオススメです。日頃のケアが何より大切ですね。詳しく知りたい方は当サロンまで一度ご相談ください!相談だけでもOKですよ。

それでは今日はこの辺で。