動かない生活はタバコと同じくらいカラダに悪い!?

こんにちは、小山です。
今日は「動かない生活はタバコと同じくらいカラダに悪い!?」という内容でお届けします。

「セデンタリー・ライフスタイル」という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉、座りっぱなしで体を動かさない生活の事を言います。

悪い姿勢
「タバコは体に悪い」と言われて驚く人はいませんが、「座りっぱなしだと早死にする」「体を動かさないとがんになるよ」と言われると「え、ホント?」と驚く方もいるかと思います。

しかし、これは本当です。

動かない生活は、タバコと同じくらい体に悪いのです。

WHO(世界保健機関)によると、セデンタリー・ライフスタイルは、タバコや不健康な食事、アルコールの飲み過ぎと同様に、がん、糖尿病、心臓病などを引き起こす原因となり、年間およそ200万人の死亡原因になっていると算出されています。

また、アメリカの男女10万人を14年間追跡した研究(2010年、Thunら)によれば、1日6時間以上座っている人は、3時間以内の人よりも早死にしやすいことがわかりました。

この事実を知っては、動かない訳にはいきませんね。

仕事で一日中ディスクワークという方もいるかと思いますが、少しでも体を動かす機会を作っていきましょう。ポイントはまとめて体を動かす時間を作ることよりも、30分に一度立ち上がったり、小まめに簡単な体操やストレッチを取り入れて、カラダの偏った使い方を続けないことが大切です。

また、休日は疲れて家でゴロゴロとしたくなるかと思いますが、疲れている時こそ、ウォーキングや体操、ストレッチなど軽く体を動かす方が疲れがとれます。

人間は体を動かしてこそ,
うまくいくようにできています。

是非、日常の中に意識して体を動かすこと取り入れてみて下さいね。

それではまた