意志力をマネジメントして、筋トレを始めよう!

こんにちは、【パーソナル・コンディショニング】サロンMA•COCOROの小山です。

今、改めて筋トレの効果が注目されているのをご存知ですか?知っての通り、筋トレは筋力を高めたり、筋肉量を増やす効果があります。これらの効果に加えて新たに注目されているのが「健康への効果」なのです。アメリカの様々な研究機関や大学での研究によると、週2回〜3回のトレーニングで「ガンの死亡率を約3割」、「すべての病気の死亡率が約2割」減少させる事が明らかになりました。その他にも睡眠の質が改善する、メンタルへの好影響などダイエットやボディメイクだけに限らず、健康への素晴らしい効果があります。

トレーニング 女性

筋トレが続かないのは、あたりまえ

筋トレの効果がこんなに凄いのだから皆がやっていても良さそうなものですが、現実は違いますね。ジムなどで筋トレを始めた人の中で1年間続けられる人はわずか4%。これほどの恩恵をもたらすにも関わらず、なぜこんなにも続かないのでしょうか?ハーバード大学の進化生物学者のリーバーマン氏は筋トレを続けられない理由をこのように言ってます。「そもそもヒトは筋トレをするようにデザインされていない」と。

人は健康でいたいと思いながらも、家でゴロゴロしてテレビを見るような不健康な行動が大好きで、筋トレのような健康に良い行動が苦手です。(もれなく私も…笑)どうやらこれは人間の進化の過程で獲得してきた生存のためにエネルギーを無駄遣いさせないための自然で生理的な反応のようです。私たちの意思が弱い訳ではありません!では、どうしたら変えることが出来るのでしょう?

意志力をマネジメントせよ!

筋トレに限らず、何か目標達成を目指す時には意志力のマネジメントが重要です。この意志力は無限にある訳ではなく、ストレスなどの精神的負荷や感情を我慢すると消耗してしまいます。そして、底をついてしまうとほんの少しの誘惑にすら抗うことが出来なくなってしまいます。そこで意志力を消耗することなく、誘惑に負けない方法をお伝えします。

それは「イフ・ゼン(もし〜したら、その時には〜)実行プランです。この方法は誘惑に意志力を使って我慢することではなく、あらかじめ「もし(if)誘惑に直面したら、その時は(then)こう行動しよう」と決めておくだけで、意志力を使わずに誘惑を回避することが出来ます。例えば、帰宅して筋トレしようと思っても、目の前のソファに座り、スマホ見てしまうなら、「家に帰ったら、ソファに座らず、筋トレをやり終えるまで、バッグからスマホを出さない。水を一杯飲んだら筋トレを始める」とあらかじめ行動プランを決めてみてください。半自動的に筋トレを続ける極意ですので是非お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です