疲れた時の疲労回復法

こんばんは、小山です。

今日で10月も終わり、明日からは11月ですね(^◇^)これからだんだん年末に近づくにつれて、仕事、忘年会、大掃除など何かと忙しい時期になります。

そんな忙しい時期を上手にやりこなす、『疲れた時の疲労回復法』について書きたいと思います。

『アクティブレスト』という言葉を聞いたことはありますか?

 

日本では、「積極的休養」「積極的休息」と呼ばれるもので、体に疲労感を感じている時に、あえて体を動かすことで回復を図るという考え方です。

疲労回復というと、十分に体を休ませる事と思いがちです。連日の激務で疲れが溜まっていれば、ゆっくり休みたくなる気持ちもなりますよね。

でも、ダラダラ寝すぎて余計に疲れが増してしまったそんな経験はありませんか?それは血行不良を引き起こし、カラダの疲労物資を排出出来ずに疲労が抜けていない事が原因かもしれません。ただ一日中寝ているよりも、次の日に疲れが残らないなら、それに越したことはないですよね。アクティブレストを行うことで、「血液循環」や「老廃物の排出」を促し、回復を早めることができると言われてます。

そこで、おススメなアクティブレストの方法は『軽い運動』です!!

決して、やればやるほど効果があるというわけではありません。具体的にはウォーキングやジョギング、水泳など。時間は20分以下を目安とし、あくまで“楽”だと感じる程度の強度で行うのがミソです。時間がない場合は5分程度でもOK。軽いストレッチだけでも効果があります。

とはいっても、アクティブレストは疲労回復を助ける回復法ですが、それ自体に回復する力はありません。時には完全休養日も大切です。ココロの休息がメインで必要な時もあります。

そのような場合は自身が楽しめてココロがリフレッシュ出来ることを行う事も疲労回復の一つです。ご自身のカラダとの対話が大切です。疲労回復法の一つとして是非、お試し下さい!

それではまた。

「痛み」はカラダからのメッセージ

こんばんは、整体サロンMA・COCOROの小山です。
さて、今日は「痛みはカラダからのメッセージ」という内容でお送りします。
本来、「痛み」という自覚症状は異常信号なので、無いのが当たり前。痛みのないカラダ、
また、痛みがあっても一晩眠れば解消しているのが健康な状態です。

「痛み」があるということはカラダが何らかの訴えをしているという事です。

その痛みには2つ意味があります。1つは注意信号です。

「これ以上無理しないでください、休息が足りてませんよ。」

「ちょっと動きが不自然ですから、直してくださいね。」

そうカラダが教えてくれています。

もう一つは、治そうとする過程の反応として「痛み」が現れます。
痛みは悪い事ではありません。むしろカラダの機能がしっかりと
働いている証拠です。

すべての自覚症状は「カラダの声」です。
肩が凝るから頭痛がするのではなく、カラダが無理をしているので
肩が凝る、その次の段階で頭痛がする、そして吐き気までするなどと
進んでいき、それに応じて「カラダの訴える声」が変わっていくのです。生物は本来、自力でカラダを良い状態に保とうとする力が備わっています。
痛みや不調はカラダと心の両面において、活動と休息のバランスが崩れ、
自然治癒力の力が弱まっている時に現れます。カラダを休める時はしっかりと休める、カラダに負担のかかりずらい使い方、
姿勢をしていく、セルフケアでカラダをメンテナンスしていく。

カラダのバランスを整える事で自然治癒力を活性化させ、痛みを一時的に
消すのではなく、「痛みが出にくいカラダに変えていく事」が重要ですね。

薬などでむやみに一時的な痛みを抑えるのではなく、根本の原因に
目を向けていく事が大切です。

それでは今日はこの辺で。

脳への最高の栄養素は「◯◯◯◯◯」!

こんにちは、小山です。

さて、今日は脳の最高の栄養素は「○○○○○」!という内容です。

近年、認知症の問題が大きくクローズアップされていますね。
テレビや書籍でもよく取り上げられてますので見聞きする方も
多いのではないでしょうか。

では、脳への最高の栄養素は何だと思いますか?
食べ物の栄養素ではありません。。。最高の栄養素は「知的好奇心」

です。

見たい!聞きたい!知りたい!行きたい!やりたい!などなど・・・

様々なことに関心を持ち、ワクワクときめいている状態は脳にとても
良い影響を与えます。カルフォルニア大学で行った
「知的好奇心と記憶力の関係」調査では面白い結果が出ています。新しいことを学ぼうとする時に、自分の興味関心のあることは
すぐに覚えられるのに、まったく興味関心のないものは中々覚えられない
という事がよくありますよね。私もサッカー選手の名前はすぐに憶えられます(笑)

この調査では「人は好奇心を抱いている時にはドーパミンという脳内物質が
分泌され記憶効果がアップする」という事が科学的に証明されました。

さらに好奇心をもって取り組んだ時の記憶効果は「短期的な記憶」だけでなく、
「長期的な記憶」にもなる事がわかっています。

「これも知りたい!」「あれもやってみたい!」という知的好奇心は
まさに脳の最高の栄養素といえますね(^^♪

●知的好奇心を刺激する趣味を持つ

●興味のある新しい事にチャレンジする

などは脳にとっても良い事になります。

これと併せて適度な有酸素運動(ウォーキングやジョギング、水泳など)も
脳の活性化には最高ですので行う価値は高いです!!

生涯健康な脳を保ち、加齢という変化を賢く適応しながら生きていきたいものですね。

私も日々精進していきたいと思います。
それでは今日はこの辺で。

スマーティ効果を実感!

こんにちは、スタッフのクミです。
昨日、今日と秋晴れで、爽やかな季節になったなぁと感じていますが、
週末に近づきお天気が崩れるようですね。秋らしさが早く来ると良いですね。

さて、本日は疲労回復についてです。

先日立ちっぱなしで5時間ほどいる状況があり、その時は脚が疲れたなぁと
感じながらも何とか終えて帰宅しました。

家に帰ると疲れがドッと出てとにかくダルい…
動きたくない… 脚なんて重くて重くて…
疲労

横になって脚を90度に上げ、むくみ解消を期待しながら揺らしたり、揉んでみたり
しましたが、普段なら楽になる疲れもその日は全くとれず。

そこで、炭の遠赤外線温熱ドーム【スマーティ】に入りました。

日頃からお客様にもスマーティに入り、血流が良くなれば疲れも和らぎますよ
とお伝えしているのですが、この日ほどそれを感じた日はありませんでした。
スマーティに入り40分。しっかり汗を流し、サッパリすると、

えっ、脚のダルさが気にならない!

0(ゼロ)まではいきませんが、10あった疲れが2くらいになりました。
改めてスマーティの凄さを実感出来ました。

疲労回復、冷えの改善、デトックス、体質改善などご希望の方は
是非、一度体験してみください。

初回は1,500円(税込)です。

お財布にも優しいのでお気軽に体験出来ますよ。
お待ちしております。

それではまた

動かない生活はタバコと同じくらいカラダに悪い!?

こんにちは、小山です。
今日は「動かない生活はタバコと同じくらいカラダに悪い!?」という内容でお届けします。

「セデンタリー・ライフスタイル」という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉、座りっぱなしで体を動かさない生活の事を言います。

悪い姿勢
「タバコは体に悪い」と言われて驚く人はいませんが、「座りっぱなしだと早死にする」「体を動かさないとがんになるよ」と言われると「え、ホント?」と驚く方もいるかと思います。

しかし、これは本当です。

動かない生活は、タバコと同じくらい体に悪いのです。

WHO(世界保健機関)によると、セデンタリー・ライフスタイルは、タバコや不健康な食事、アルコールの飲み過ぎと同様に、がん、糖尿病、心臓病などを引き起こす原因となり、年間およそ200万人の死亡原因になっていると算出されています。

また、アメリカの男女10万人を14年間追跡した研究(2010年、Thunら)によれば、1日6時間以上座っている人は、3時間以内の人よりも早死にしやすいことがわかりました。

この事実を知っては、動かない訳にはいきませんね。

仕事で一日中ディスクワークという方もいるかと思いますが、少しでも体を動かす機会を作っていきましょう。ポイントはまとめて体を動かす時間を作ることよりも、30分に一度立ち上がったり、小まめに簡単な体操やストレッチを取り入れて、カラダの偏った使い方を続けないことが大切です。

また、休日は疲れて家でゴロゴロとしたくなるかと思いますが、疲れている時こそ、ウォーキングや体操、ストレッチなど軽く体を動かす方が疲れがとれます。

人間は体を動かしてこそ,
うまくいくようにできています。

是非、日常の中に意識して体を動かすこと取り入れてみて下さいね。

それではまた

これからの時代を生き抜く 必須のスキルとは?

さて、今日は『これからの時代を生き抜く必須のスキルとは?』という内容をお届けします。その前に質問です。2025年問題をご存知ですか?

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です。

高齢者の増加に伴い、医療・介護・福祉サービスの整備が急務であること、社会保障財政の崩壊が懸念されています。

この状況は待ったなしで必ずやってきます。

政府も様々な対策を打とうとしていますが、政府の策に頼るのではなく、一人ひとりが「自分の身体は自分で守る」という意識改革が必要ではないでしょうか。まずは、一人ひとりが「ピンピンコロリ」を目指す!ピンコロは一番良いですね。

介護も必要ないし、病気で苦しむこともないし、あの世にいく直前までピンピンしているのですから何より自分が一番楽しく人生を全う出来るので最高です。その為には少なからず、努力は必要です。(努力と感じず、楽しく出来れば一番良いですが…)

そこで、これからの時代を生き抜く為に必須のスキル、それは“コンディショニング”です。では『コンディショニング』とは具体的にどのような事を指すかといいますと、"現在の身体の調子と、目標とする身体の調子のギャップを最小化するプロセス"を言います。

 

ケガや病気をしないなど予防的な側面も含んでいるコンディショングは具体的には体操、ストレッチ、マッサージ、筋膜リリースなどで、動きをつくる関節や筋肉を良好な状態に整えることでもあるため、“コンディショニング=ケア”と言い換えることも出来ます。また、筋力トレーニングや栄養、休養(睡眠)もコンディショニングの大変重要な要素です。

そして適切な身体の動き、痛みのない身体をつくることにより、身体の調子を維持向上させていくことがコンディショニングの基本と言えます。

腰痛や肩こりなどの予防、改善にも大変有効です。この事からもコンディショニングはプロスポーツ選手やアスリートだけが行うものではなく、快適なカラダで人生を楽しみたい方、全てが行なうことが理想です。

4年後には東京オリンピックがありますので、今以上に運動や健康に対する取り組みが増えて、体を動かす人々も多くなってくるのではないでしょうか。

でも、見据える先はもっと先です!一人ひとりが健康自立した社会を目指し、2025年問題も笑って過ごせるくらい元気な人々が溢れる世の中にしていきましょう。

まずは1日10分。自分の身体と対話するコンディショニングの時間をつくってみてください。きっと身体は応えてくれますよ。

それではまた。

重力を制する者は健康を制す!

今日の健康トピックは「重力を制する者は健康を制す」です。

日々、重力を意識して生活していますか?空気と同じように目に見えない重量を意識して生活してる人はなかなかいないですよね。でも、地球上にいる限り必ず働いている法則が「重力」です。

この重力がどのように健康に関わっているか?何となく想像できるのではないでしょうか。そう、良い姿勢や身体の正しい使い方などテレビでも度々放送されますが、すべて重力に対して身体をどのように使っているか?という事です。

身体に無理な負荷が少ない姿勢、使い方であることが不調を作り出さないポイントです。言い換えれば、重力と上手にお付き合いできる身体ということです。

この方は重力と上手にお付き合いしているなぁ、と感じたのは元陸上選手の為末さん。浜川運動公園でのイベントでお会いしたのですが、佇まいが凛として美しい!!自然体で力みのない身体というのでしょうか。あとはイチロー選手や武術の達人にも共通したものを感じますね。

では不調をつくらない姿勢や身体の使い方で重要な事は何でしょう?

座っている時間が長い、立っている時間が長い、それぞれ半分くらいの割合、とライフスタイルにより人それぞれ。では、重力が身体に最も影響する部分はどこでしょうか?答えは足(足裏)骨盤です。

立って活動が多い方は足(足裏)、座る時間が長い方は骨盤の状態に影響していきます。足の歪み(扁平足、足指の歪みなど)は身体全体も歪ませてしまいますし、骨盤の歪みも同様です。

身体に無理な負担がかからないようにする為に足、骨盤をしっかりと整えていきましょう!足指を広げたり、反ったりする体操や骨盤を丸めたり、反ったりする体操がオススメです。日頃のケアが何より大切ですね。詳しく知りたい方は当サロンまで一度ご相談ください!相談だけでもOKですよ。

それでは今日はこの辺で。

 

〇〇を変えれば姿勢が変わる!

正しい姿勢をつくるうえで一番重視していただきたい事は、実はとてもシンプルです。頭を上げて、まっすぐ前方を見るようにすることです。ズバリ、視線です!というのも、視線の位置が首の角度に影響するからです。

下を見ていると自然に頭が前に出て屈曲してしまいます。「前を見る」という基本的なルールが徹底されれば、すべての姿勢や動作に相乗効果が生まれ、良い変化がもたらされます。

道を歩く時には頭を上げて遠くを見るようにしてください。最近はスマホをいじりながらうつむき加減に歩く人を本当に沢山見かけますが、非常に良く無い習慣です。人や物にぶつかる危険があるというだけでなく、姿勢をさらに屈曲させる原因になるからです。

とにかく、まっすぐ前を見ること!

いざやってみると、自分がいかに近い距離しか視線を向けていないか、痛感すると思います。十数センチメートル先のスマホの画面から、5メートル先、10メートル先、50メートル先、100メートル先…。視線を前に向けるように常に心がけることで、姿勢に大きなメリットがもたらされます。

特別な時間を設けなくても、生活の中でできるこのトレーニングを、まずは3週間意識して続けてみてください。習慣になればしめたもの。正しい姿勢が身につき、身体の安定性が高まりますよ。

「歩くときは100m先に視線を!」を合言葉に視線から姿勢を変えていきましょう!!

それでは今日はこの辺で。

慢性炎症を撲滅せよ!

ここ数年、健康について学ぶたびに炎症というキーワードを目にすることが多くなりました。あまり知られていませんが、じつは、炎症が私たちの「健康」や「老化のスピード」に大きく関わっています。30代以降、「ぐっと老け込む人、ずっと若々しい人、病気がちな人、100歳まで健康な人を分けるのはこの体内の炎症なんです。

本来炎症は有害なものではありません。私たちの身を守り、癒す「治療プロセス」「免疫システム」です。体は外部からの侵入者を排除したり、組織が傷つくとその傷を修復しようとしたりします。その過程で起こるのが「炎症反応」なのです。このような炎症は「急性炎症」と呼ばれています。

しかし、炎症が「慢性的」になるとき、深刻な問題を引き起こします。それが全ての病気の源と言っても過言ではない「慢性炎症」です。急性炎症の原因となったものをずっと排除できなかったり、免疫系のアンバランス、加齢などの理由で炎症を長期間に渡って抑えることが出来なくなった時、免疫系の暴走が始まり、体を攻撃し始めます。

この慢性炎症によって本来攻撃対象ではない「健康な組織」も攻撃され、臓器が破壊され、やがて様々な生活習慣病が発症したり、老化が恐ろしいほど加速したりするのです。しかも、慢性炎症の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないこと、さらに慢性炎症を起こして深刻な損傷を受けた部位は「元には戻らない」という非常に厄介な性質を持っています。

では、どうすれば良いか?それは、炎症を抑える生活習慣、食習慣、運動習慣を実践することです。医学博士の池谷敏郎氏の「体内の炎症を抑えると、病気にならない」を読んでみてください。健康長寿へのヒントが満載です。あとは実践あるのみ!!

それでは今日はこの辺で。

「国境なきセラピスト団」としての活動

「国境なきセラピスト団」としての活動

「国境なきセラピスト団」の一員として、トライアスロンのボディケアスタッフとして活動しています。

◆2014年10月にハワイ島で行われた
【アイアンマン ワールドチャンピオンシップ】のサポート風景

選手のケア①

選手のケア②

選手のケア③

選手のケア④

選手の方々

国境なきセラピスト団の皆様

◆2015年6月に群馬県邑楽郡の渡良瀬遊水地で行われた
【東京都トライアスロン選手権大会】のサポート風景

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明