なぜ?こんなにも優しい整体と運動療法で肩こりが和らぎ、再発まで防ぐのか?

肩こり・肩の痛み(40•50肩)でお悩みのあなたへ

首から肩にかけて筋肉が張り、重苦しい感じになるのが肩こりです。原因は姿勢の悪さやストレスなど原因はさまざまです。

肩こりとは肩周辺の筋肉に酸素が不足し、疲労物質が溜まることによって、肩の筋肉が硬くなり重苦しくなる症状をいいます。

あなたは今、このような症状でお悩みではありませんか?

  • 朝起きるとすでに肩が凝っている
  • 誰かが肩が乗っているかのように重い
  • 肩がパンパンで首も回りづらい
  • 吐き気を感じるほど頭痛がひどくなる時がある
  • 仕事も家事も肩こりが気になって集中出来ない

一般的な肩こりに対しての考え方

腰痛と同じくらい悩みの多い症状が肩こりです。頭と首の骨を支えている肩周辺の筋肉が疲労し硬く緊張した状態です。「 重い」「だるい」「痛い」「張る」など感覚は人それぞれです。それらの症状が一般的に「肩こり」と呼ばれています。肩の筋肉を触ってみるとパンパンに張っているのですが、本人はあまり肩こりの自覚症状がない人もいます。また、触った感じは柔らかいのですが、本人は強い痛みや辛さを感じている場合もあり、肩こりと行っても感じ方は人ぞれぞれです。

一般的な肩こりの対策として行うことはマッサージではないでしょうか。多くの方がマッサージ店に行ったり、家族に揉んだもらうなど経験しているかと思います。マッサージをしてもらった直後は楽になるのですが、しばらくするとまたすぐに肩がこってきます。
肩の筋肉がほぐれると血行がよくなり、疲労物質が流れるので一時的に楽になります。ところが、原因に対して何もなされないと、すぐにまた辛い症状がぶり返してしまいます。

軽度の肩こりの人はそれでもだいぶ楽になりますが、慢性的な肩こりをかかえている人は原因を探り出し、改めていく必要があります。当サロンではその部分に着目しています。

整体サロンMA•COCOROが考える肩こりの原因

肩がこる人にはいくつかの共通の特徴がみられます。整体の施術を受けて肩こりが改善したとしても、生活習慣が変わらない限り、しばらくするとまた再発します

肩こりの原因となるような生活習慣を6つ挙げてみます。生活習慣にひそんでいる原因を改善することにより、予防や改善ができます。

【原因その1】 不良姿勢

姿勢が悪いと肩こりになりやすくなります。特に背中が丸まっている(猫背)の人は要注意です。
体を横から見てみると、背中が丸くなると頭の位置が少し前方に移動します。前方に出た頭を支えるために首の後ろや肩周辺の筋肉が緊張します。てこの原理を考えるとわかりますが、頭が前に出れば出るほど筋肉の負担は大きくなります。

【原因その2】 長時間の同じ姿勢

デスクワークなど一定の姿勢を長時間続けていると筋肉が緊張し、血行が悪くなります。
姿勢の悪さも関係しますが、たとえ良い姿勢で長時間のデスクワークを続けたとしても肩はこるでしょう。
体を動かさないでいるということは、動物にとって非常にストレスになるのです。

【原因その3】 運動不足

もともと人間はある程度動いて健康を保てるように出来ています。やはり、動かないのは体によくありません。激しい運動を始める必要はありませんが、全く動かない生活をくり返していると肩こりなどの症状に悩まされても仕方がありません。

【原因その4】 筋肉の疲労

運動不足でも肩こりになりますが、筋肉を使いすぎても肩がこります。肩が張ったり、痛くなったりします。
原因は筋肉の使いすぎによる疲労ですので、筋肉を休めると改善します。老廃物がたまっているので、ゆっくり休ませましょう。

【原因その5】 冷え性

女性に多いのが冷え性による肩こりです。血液の循環が悪いので、筋肉にたまった疲労物質がなかなか排出されません。冷え性の上に毎日のデスクワークやパソコンの仕事をしていると、肩がこらない方が不思議です。
肩こりに限らず、冷え性があると、頭痛、首コリ、自律神経失調症、腰痛、しびれなど、様々な不定愁訴も出やすくなります。冷え性は体質もありますが、生活習慣を変えると改善することも可能です。冷え性を治す薬はありませんので、生活習慣を見直して対策しましょう。

【原因その6】 歪み

不良姿勢とも重なりますが、骨盤がゆがんでいると良い姿勢を維持しようとしても、すぐに悪い姿勢に戻ってしまいます。両脚に体重が均等にかからないので、片方の足に体重をかけて立ちます。座っていても足を組んだ方が落ち着きます。悪い姿勢を習慣にしていることで肩こりなどの症状に悩まされてしまいます。

整体サロンMA•COCOROが考える
肩こりの施術法とは?

肩こりを改善するためには肩周りにアプローチすると考えがちですが、当サロンではまず検査を行い、姿勢、骨盤の傾き、左右差、捻じれなど各方向から歪みをチェックしていきます。

その後、どのような動きで痛みや違和感を感じるのかを評価し、その結果から肩のどの部分に負担がかかっているか見立てをします。この検査により、どの部分の筋肉にアプローチして解消するかを経験から判断していきます。筋肉の緊張を解消するのに無理な力は使いません。適度な力で優しく丁寧に筋肉を緩めていきます。

そして、肩周りの負担を減らすための手法を行い、必要な場合は関節の調整も行っていきます。
クイックマッサージなどのように ”腰が痛くなったから腰を揉む”といったその場しのぎの対処ではなく、なぜ、肩こりの症状が出るのか?その原因は?痛みが出ないためには今後どうしていくことが必要なのか?
カウンセリングと施術の中で解決していきます。

aligncenter

 

0